このフォーラムでは、定年延長など高齢者が活躍できる制度を整備する手法などについて議論し、企業における高齢者雇用について、ともに考えていきます。

プログラム

開会挨拶 神奈川県知事 黒岩 祐治 (13:30〜13:40)
基調講演 玉川大学経営学部国際経営学科 教授 大木 栄一 (13:40〜14:20)
1964年生まれ、慶應義塾大学商学部卒業、その後、大学院を経て、日本労働研究機構(現:労働政策研究・研修機構)企業と雇用部門・副主任研究員、職業能力開発総合大学校能力開発専門学科准教授、東京大学社会科学研究所特任研究員、2012年から玉川大学経営学部国際経営学科教授。
著書は、『高齢社員の人事管理と展望』(共著、高齢・障害・求職者雇用支援機構)、『団塊世代のライフデザイン』(共著、中央法規出版)、『働く人の「学習」論』(編著、学文社)、『能力・仕事基準の人事・賃金改革』(編著、日本生産性本部)、『人材サービス産業の新しい役割』(編著、有斐閣)、『ヘルパーの能力開発と雇用管理』(編著、勁草書房)、『現代の人的資源管理』(共著、学文社)

パネルディスカッション(事例紹介/ディスカッション) (14:20〜15:50)

・コーディネーター 玉川大学 経営学部国際経営学科 教授 大木 栄一

・パネリスト
 
株式会社オカムラ 管理本部 理事 人事部 部長 
佐藤 喜一
【取組概要】
50歳以降の人員構成が今後年々増加することが見込まれるなどの背景から、シニア層の働く意欲と満足度を向上させ、重要な戦力として益々活躍できる職場環境にするために、60歳定年を65歳へ段階的に延長する当社の取組みをご紹介します。
【プロフィール】
1982年、株式会社岡村製作所(本年4月1日オカムラへ社名変更)経営情報システム研究所に入社、経営企画部を経て労働組合委員長(専従)を10年務め2009年総務部長兼コンプライアンス部長、2015年人事部長、2017年理事に就任。コンプライアンス、人事制度や労務関連に従事。

 
株式会社すかいらーく 人財本部人財企画・運用グループ ディレクター 
匂坂 仁
【取組概要】
外食産業にとって、人口減少に伴う労働力の確保、および意欲ある人財に生き生きと長く働いていただくための職場環境づくりは喫緊課題となっています。2015年9月に定年延長制度を導入した当社の取組みをご紹介します。
【プロフィール】
1988年6月株式会社すかいらーくに入社。店舗、工場、バイヤー、海外赴任、宅配事業、新事業開発を経て、2000年4月介護事業子会社に移籍。2009年4月に株式会社すかいらーくに帰任。現在、人財本部人財企画・運用グループディレクターとして、人事政策制度・人事システム・給与関連を管掌。

 
明治安田生命保険相互会社 人事部ダイバーシティ推進室 主席スタッフ 
小本 辰之亮
【取組概要】
明治安田生命では、2019年4月から定年を65歳に延長します。定年延長を決定するに至った背景やその内容等を、高年齢者雇用安定法の改正に伴う制度創設やプロフェッショナル職制の導入を含む人事制度の改正といった経緯にも触れながら、中高年齢層の挑戦意欲の向上と活躍機会の創出に向けた当社の取組みをご紹介します。
【プロフィール】
1995年4月に入社し、一貫して法人営業(営業・営業推進・企画・支援)に従事。 2015年4月に人事部に異動し、全社の人財育成・キャリア形成支援プログラムの企画・運営を主導。2017年4月からは女性をはじめとする多様な人財の活躍(D&I)に向けた取組みにも従事するなど、人財領域における政策立案と企画・運営を行なっている。

協議会のご案内(終了後閉会)   (15:50〜16:00)

※予告なく登壇者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。



申込方法: 下記「高齢者雇用促進フォーラム」 参加申込フォームに必要事項を入力のうえ、送信してください。
申込締切後、当選した方に参加票を送付します。
当日は参加票を持参のうえ、ご参加ください。
参加申込フォーム

会場案内図

大きな地図でみる
 
会 場
TKPガーデンシティPREMIUM 横浜ランドマークタワー 25階
横浜市西区みなとみらい2-2-1
アクセス
【電車】
桜木町駅(JR・市営地下鉄)から動く歩道で徒歩5分
みなとみらい駅(みなとみらい線)から徒歩5分

↑pagetop